女性の一生の職業としてふさわしい保育士。東京都には保育専門学校がたくさんあります。

人生において、仕事選びは重要な問題です。幼稚園や保育園、小学校、中学校と進む中で、いろいろな人に出会いますが、そうした成長の過程で、自分自身が進むべき道を見つけることができたら、その人はラッキーです。子どもにもよるのでしょうが、多くの子どもは、将来の夢がコロコロ変わります。サッカー選手になりたいと言っていた子が、学校の先生になりたいと思ったり、お花屋さんになりたいと言っていた子が、看護士さんになりたいと思ったり。いずれにせよ、自分の興味のある仕事、将来の夢があると、退屈だと思っている毎日の勉強も、取り組む気持ちが違ってきます。今はつまらないと思っていても、あの仕事に就くために、と思うと、頑張ろうと思えるものです。

数ある仕事の中でも、女性におすすめしたいのが保育士という仕事です。日本の経済状況は依然厳しく、少子高齢化と言われて久しいですが、子どもは確実に生まれます。待機児童も多く、女性が安心して働きに出るために、もっと保育園が必要です。保育士は必要とされている仕事なのです。

女性の就職がさらに厳しいのは、結婚や出産によってブランクができたり、仕事を続けられなくなったりすることが大きな要因だと思われます。しかし、ハンディとなりがちな結婚や出産も、特に保育士にとっては非常に大きな経験です。仕事の糧になるからです。一時期、自分の子育てのために中断したとしても、一段落したら経験豊かな保育士として、戻ることができます。東京都は保育園がもっとも必要とされている自治体の一つです。保育専門学校を探してみると、あるサイトでは東京都に274ある専門学校のうち、24の保育専門学校を見つけることができます。子育てしながら仕事をする女性にとっては通勤時間はなるべく短くしたいもの。東京都は職場と保育園の両方をもっと備える必要があります。子育てが一段落して、何か勉強したい、もうひとつ挑戦してみたいと思う女性にとっても、保育専門学校に通って保育士の資格を取り、一生の職業とすることはすばらしいですね。いずれおばあちゃんになったときにも、お孫さんを上手に預かってあげられて、娘さんやお嫁さんに喜ばれることでしょう。

Wilson Cham posted at 2011-7-82011-05-19 Category: テーマ東京都の一覧

Leave a Reply

(Ctrl + Enter)